代替えは増えるか、パターンは変わらず

年四月になるとちっちゃなカラダに重そうな新しいランドセルを背負い、でも活発完璧通学路を行く新一年生を目にする。同士の長女も今季から小学校。トレンドの速さに驚異しつつ、誇示考えにランドセル見せてくれるコーディネートにはつい頬が綻ぶ。自分自身がランドセルによっていたのは遥か遠い往時なので、そのトーンに驚いた。パステルカラーの鮮やかなライムグリーン。ギラギラしたビーズで飾り付けられ、妻がこれを選んだのも認識の可愛らしさだ。ランドセルが赤や黒の時期が完結していた事は知っていたが、到底ここまで品ぞろえが豊富なのは驚いた。トーンはグリーンですが、華やかなパターンは明らかに女児専用だ。黒いランドセルだって女児向けが有る。いい時代になったものだな、と思ったが選択が増えたが故のトラブルさもあるらしい。祖父母階級は断然ランドセルは赤と黒だろうという意見、親階級は長く使う品物だから質を重視、本人は好きなトーンじゃないとお断り。数々のカンファレンスの上、こういうランドセルに決めたらしい。仲よしは大変だった、と愚痴るがその背景は聞いているサイドは好ましく思う。以前に孤児院にタイガーマスクからランドセルがカンパされ、それが一躍ブームになった事がある。とある施設係員が、ランドセルじゃなくて金を寄付してくれと発言し問責されていたが、係員の言う事も理解できる。これ程選択があるのだ、子供達だって自分で決めたいだろう。小学校はランドセルという俗習は貫くが、そのパターンやトーンの選択は増え続けている。住宅ローンで悩んでる方はコチラへ

代替えは増えるか、パターンは変わらず