何も知らない我々がプロのバレエを初拝見した結果

以前友達の誘いでプロのバレエ団によるステージを鑑賞してきました。
興味はあれどぼんやり「セレブな自宅の女児が優雅に舞う品」としていたので、ボクには生涯ご縁がないだろうと思っていました。
先方もあなたバレエの当事者の自分なのか、すらっとした素晴らしいエレガンスな女性が多くて、完全に浮きまくり具合。
鑑賞してはみたものの、踊る外見はとても眩しいのですが、話を予習して行ったののにスペックはざっと分からず…とても残念なことに、真っ最中眠くなる処理。
さすが私のような一般には難し過ぎたのだわ、とあきらめかけたのですが、何とか良い切符代を払ったのですからどうにか楽しまなければ!と勝手に由縁を想像して見ることにしました。
「あの夫とあの女性は付き合っているのかも」というしがない品から始まり、
「あ、あの人いまタイミングが他の人とズレちゃった…きっとあとでコーチみたいなお客様に怒られるんだわ」
「思い切りたくさんの人が踊っているけど、人によって知は違うし訓練の体積も発展体積も違うだろうな」
「片隅で踊っているお客様が本当は一番練習してるのかも。むかし中程で踊ることを夢見るんだわ」
そんなことを考え始めたら、ショウに立つみなさんがかなり尊く見えてきました。
前提だけど、当社が観ているものは訓練の結果のみであって、ここに至るまでの過程は想像を超える品ですと思いました。
亭主たち、奴らたちは当社に近頃できる最高の動作を見せてくれている。次いで経費を貰っている。随分エキスパートです。1人でもミスをしたら全てが台無しになる段階の上で必死に踊っているんだ。

ボクは普通の会社で働く任務員です。
でも店先から経費をもらって働く以上はエキスパートとしてやるつもりでしたが、亭主たちに比べたらエキスパートだなんておこがましくて言えないですわ。
頑張らなきゃいけないな、と思わされました。

バレエのことは最後までわからなかったけど、
最後に送った拍手に皆を込めました。
パチパチ!!!借金返済を弁護士に相談できます

何も知らない我々がプロのバレエを初拝見した結果